上手に分かりやすく説明する方法(2)

スポンサーリンク

(1)

大切なところは、太字で強調する。

(2)

説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。

(3)

「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。

(4)

強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。

(5)

説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。
具体的な言葉を使って説明する。

(6)

接続助詞を使わず「。(句点)」を使えばいい。

(7)

固有名詞の前に、具体的な説明を加える。

(8)

「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。

(9)

結論を、黒板に書いてから話を始める。

(10)

著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。

(11)

カタカナ言葉を使いすぎないように、気をつける。

(12)

「あり得ない表現」を使わない。

(13)

誰もが知っている言葉を使う。
専門的な用語は使わない。

(14)

落ち着いた話し方は、自信の表れ。

(15)

大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存