不安が努力を突き動かす。嵐、櫻井翔の言葉

スポンサーリンク

(1)

負け続けるってことは必ずしも負けを意味することじゃないよ

(2)

100やっといてさ、それでもダメだったら納得出来るけど、やってないで出来なかった時って言うのは、もう…どうにもならないからさ。自己嫌悪っぷりがさ。だから、やっておく事はやっておく。その後で後悔したいって事。

(3)

ちょっとかじったくらいじゃ才能があるかなんて分からない。限界まで努力して行ってその先に才能があるんだって。

(4)

才能があるかどうかっていうのは、努力の限界まで行ってみないと分からない

(5)

日に日に、”時”はせまってきている。日に日に、”時”が削られていく。ひとつひとつが、きっと最後

(6)

人生是一方通行。どうか。ただ前だけを

(7)

(意外と気が短い?)「あっははは。短い、短い。いや、短かったですね」

(8)

オレの経験がもしかしたら友達の役に立つかもしれない

(9)

(慶応の学生時代の思い出は?)学生の頃に2回、連続ドラマに出させていただいて、それが試験と被っていたので今思うと当時は試験とドラマの両立が大変でしたね

(10)

みんなに好かれようとニコニコ笑って来年消えゆくくらいなら、誤解を恐れずに大事なものを貫きたい。そこで離れていく人がいたとしても

(11)

みんなの大好きな嵐のイメージに引っ張られて、自分たちを見失わないようにしたい

(12)

(勉強を)寝る前にやって、寝て、もう一回朝やると睡眠で記憶が整理される

(13)

一人で見る夢はただの夢だけどみんなで見る夢は現実になる

(14)

明日死んだら後悔だらけ

(15)

怒ったところで何も解決しないじゃん。もし怒って解決するなら怒りまくるけどね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存