知的な話し方をする方法

スポンサーリンク

(1)

学生言葉を卒業する。

(2)

きれいな日本語を身につける前に、語尾を伸ばす話し方をやめる。

(3)

「しかし」「でも」「だけど」は、反感を抱かれる話し方。

(4)

ばかという人が、ばかにされる。

(5)

「かもしれない」「だと思う」は、心に響かない。

(6)

たとえ話を使って、言いたいことを伝える。

(7)

トーンの低い声は、説得力が生まれる。

(8)

オーバーな表現を使いすぎると、誰も話を真剣に聞いてくれなくなる。

(9)

話の要約ができる人になる。

(10)

「ええと」「あのー」を使わない。

(11)

本当の話し上手は、必ず話が短く、テンポがよい。

(12)

自信のない言葉や表現は、使うのをやめる。

(13)

何でも「Yes」と答える人は、利用される人になる。

(14)

返事が速いと、仲良くなるのも速くなる。

(15)

「主張」と「理由」はセットにして、話をする。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存