コミュニケーション能力が向上する方法(2)

スポンサーリンク

(1)

身ぶり手ぶりを加えて、少し大げさなくらいでいい。

(2)

吐き出すと、吸収したくなる。
話をすると、勉強がしたくなる。

(3)

楽しくなる前から、楽しそうな表情をする。

(4)

話をする以前に、まずはインプットをしておく。

(5)

ネタのために勉強をする必要はない。
一生懸命に遊ぶだけでいい。

(6)

できるだけ珍しい話をしたほうが、コミュニケーションは弾む。

(7)

みんながしそうな話は、あえてしないようにする。

(8)

テンポのよいコミュニケーションのために、答えをじらさないこと。

(9)

コミュニケーションとは、心を添えた会話のこと。

(10)

人と会うたびに、言うべきお礼がないか、考える癖をつける。

(11)

褒められたときには、素直にお礼を言うことが大切。

(12)

「話しかけられる人」ではなく「話しかける人」になる。

(13)

相手の表情は、あなたの顔を映し出している鏡。

(14)

自分が太陽になり、周りに光を与える存在になる。

(15)

チャンスは、人から手に入れよう。
出会いから、成長のチャンスが生まれる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存