キミはキミのそのままで美しい。福山雅治の言葉

スポンサーリンク

(1)

恋とかセックスでキレイになるというのは女性誌の洗脳。綺麗な人は恋なんかしてなくても綺麗です。そういう洗脳に煽られなくていい。好きな相手もいないのに無理やり相手見つけて恋してなくちゃって焦るのは明らかに間違った風潮。恋なんかしてなくてもキミはキミのそのままで美しい

(2)

僕完璧潔癖ですよ、潔癖という言葉は僕の中ではフィットしないんですけど、そっち方面です

(3)

ベストテイクというのは、台詞をちゃんと言い切るとかじゃなく、そういうことを超えた、生々しい表情、新鮮なエモーションが表現されたテイクですから、そこを求めていけばいい。NGを別に悪く思う必要はない

(4)

(ドSな女性は?)うーん好きじゃないですね、僕どっちかというとS方面なので

(5)

『ガリレオ』シリーズも今回の『真夏の方程式』もそう。自分で観たいもの、自分で聴きたいものじゃないと人には勧められないですからね。

(6)

言葉ではなく表現でディスカッションしたい

(7)

あまり撮影現場で談笑するのは好きじゃないんです

(8)

どの役を演じるときもそうなんですが、あまり事前に作り込まないんです

(9)

目的があるからこそ、いちいち弱点に対してへこんだりしないわけですよ。自分の弱点は弱点としてちゃんとカバーすればいい

(10)

感情って100年前も200年前も変わらなかったりすると思うんですね。愛情とか憎しみとか。そういうものが表現されているときは、古いとか新しいってことは関係ないと思うんですよ

(11)

今は「この命ひとつ捨てたところで何も変わらない」という人が恐らく大半でしょう。それが現実的な考え方で、堅実な進化なのかもしれません。ただ、「変えられる」という希望を持って行動した幕末の人たちの純情や「命を捨てる」のではなく「命を使う」という意識を、見つめ直してもいいと思うんです

(12)

俺ねぇ、ボブ・マーリーと誕生日が一緒で、ジェームズ・ディーンと二日違いなんだ。これはねぇ!もう、やるしかないね

(13)

“何が起こっても満足できない病”になっているんですよ。この仕事を始めてから。ロックの初期衝動的な満足できない感とは違って、本当はもう満足しているのかもしれないけど、満足した段階で何かが終わってしまう、という強迫観念に駆られてるんだと思う

(14)

昔から変わらず好きなのは心身ともに明るくて健康な女性

(15)

歌は歌わずに他の要素で僕自身を好きになってもらえるようにしていけたらな、と思っているんです
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存