話し上手になる方法

スポンサーリンク

(1)

話し上手になるためには、手本を見つけて、真似るだけでいい。

(2)

話し上手になりたければ、聞き上手になることが必要。

(3)

分かりやすい単語を使って、話すことが大切。

(4)

みんなに共通する話題で話すと、みんなが楽しめる。

(5)

自分のペースで話さない。
相手の考えるペースに合わせて話す。

(6)

表現は「言葉」だけではない。
「体」で表現するほうが、うまく伝わる。

(7)

話し上手は、雰囲気を大切にする。
雰囲気を柔らかくすることが大切。

(8)

文字より、絵のほうが分かりやすい。
話し上手は、絵描き上手。

(9)

話し下手は、大きな声で強調する。
話し上手は、小さな声で強調する。

(10)

基本的な会話は「食」の話題から始まる。

(11)

話し上手は、雰囲気を壊さない。
つまらない冗談にも、笑ってあげよう。

(12)

伝えたいポイントを、はっきりさせる。

(13)

初めに興味を引かせておくと、みんなが、耳を傾けてくれる。

(14)

男性は、論理的に話す。
女性は、感情的に話す。

(15)

言葉の意味を強めるテクニックは「沈黙」。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存