話し上手になる方法(2)

スポンサーリンク

(1)

話し上手は、相手のプライバシーを尊重する。

(2)

話をするときは、相手の目を見るのが基本。

(3)

会話はみんなで楽しむもの。
1人だけが話しすぎない。

(4)

話は、抽象的から具体的へと進めていく。

(5)

話し上手は、姿勢がよい。
姿勢がよいと、説得力が生まれる。

(6)

知らないふりができる人は、話を盛り上げることができる。

(7)

興味のない話題は、自分に結びつけて会話をする。

(8)

笑いのときに、顔のしわなんて気にしない。

(9)

車の運転と同じ。
会話の運転は、敬語の練習が大切。

(10)

会話を弾ませるには質問するだけでいい。
「ど」の付く質問で、話が弾む。

(11)

自分で考えた答えには必ず、「理由」がある。
「理由」のある答えこそが、面白い。

(12)

会話にも地図を作ることが大切。
地図があると、頭の中が整理しやすくなる。

(13)

話を全部言い切らないことで、言い切ることができる。

(14)

相手の名前をきちんと呼ぶことで、話を聞く態度が真剣になる。

(15)

今の会話を、次の会話につなげる。
お礼には、会話と会話がつなげる力がある。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存