楽しい人になる方法(2)

スポンサーリンク

(1)

アドバイスはなくていい。
悩みを解決しなくてもいい。
じっくり話を聞いて、共感するだけでいい。

(2)

ユーモアのセンスは、後天的要素。
努力さえすれば、短期間で身につけられる。

(3)

楽しいネタは、自然と浮かぶものではなく、準備しておくもの。

(4)

楽しい人は、褒め上手。

(5)

下手な相槌では、盛り上がる話も盛り上がらない。
大切なのは、話の調子を合わせた相槌。

(6)

大切なのは、会話のキャッチボール。
話してばかりはよくない。

(7)

つまらないと感じるのはいい。
つまらない顔をするのがいけない。

(8)

楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要がある。

(9)

親切の押し付けに要注意。
大切なのは、純粋なサービス精神。

(10)

興味関心を持って相手の話を聞いて、話の内容をきちんと覚えておくようにする。

(11)

余裕がなければ、心は死んでいるも同然。

(12)

「つまらないことを楽しくする」という挑戦を楽しもう。

(13)

元気が出るから、行動するのではない。
行動するから、元気が出る。

(14)

常に今を大切にして生きる。

(15)

楽しみを独り占めすると、幸せが半減する。
楽しみを分かち合うと、幸せが倍増する。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存