真面目な人になる方法

スポンサーリンク

(1)

真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。

(2)

真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。

(3)

真面目で得をする7つのポイント。

・成長や上達が早い

・責任感が強く、信用されやすい

・結果を出しやすく、昇進・昇級をしやすい

・浮気をしにくい

・目標を達成しやすい

・ミスや失敗をしても、許してもらいやすい

・大切な場面で迷わない

(4)

真面目で損をする7つのポイント。

・仕事を押し付けられる

・人からいいように使われる

・融通が利かない

・仕事や悩み事を抱え込みやすい

・疲れやストレスをためやすい

・ノリが悪く、冗談が通じない

・暗い印象・堅い雰囲気が出やすい

(5)

「真面目な性格は損」という噂に惑わされない。

(6)

「きちんとしたい」という気持ちを大切にする。

(7)

喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。

(8)

「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。

(9)

真面目な人は、責任感が強い。
責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。

(10)

いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
まず1パーセントの真面目から始めよう。

(11)

約束を守ることは、真面目な人になる基本。

(12)

真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。

(13)

計画と準備に時間をかけてから行動する。

(14)

安易な決断はしない。
よく考えてから、決断する。

(15)

すぐ人を頼らない。
まず自分なりに努力してみる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存