完璧主義を治す方法(2)

スポンサーリンク

(1)

深みにはまりそうなら、最初から関わらないのが得策。

(2)

適度は、限界を知ってこそ、設定できる。

(3)

客観性と柔軟性を取り戻す一言。
「そんなにこだわって何の意味があるの?」

(4)

完璧主義者は、休暇の予定から先に入れよう。

(5)

重要な順番が、正しい優先順位とは限らない。
時間のかかる仕事なら、優先順位を下げたほうがいい場合もある。

(6)

自分と他人は別である。
完璧な結果を出す人に憧れても、惑わされない。

(7)

「完璧にしよう」と思うから完璧主義になっている。

(8)

いったん結果は忘れよう。
過程を楽しむことに集中しよう。

(9)

ナンバーワンよりベストスリー。
ベストスリーよりベストファイブ。
ベストファイブよりベストテン。

(10)

未達成で満足する経験を積み重ねていく。

(11)

そもそも完璧にできないことではないか。

(12)

完璧主義者は「人生は長い」と意識することが大切。

(13)

もっと肩の力を抜こう。
もっと深く呼吸をしよう。

(14)

諦めることを「前進」と考えてみる。

(15)

無駄になった経験は「別の機会で生かされる」と考えること。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存