自分の魅力に気づく方法(2)

スポンサーリンク

(1)

特技を大げさに考えない。
自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。

(2)

難しいことが分からなくてもいい。
シンプルな話が好きな性格なのだ。

(3)

「もちろん知っているよね」と言われても知ったかぶりをせず、「知りません。教えてください」と言う。

(4)

たくさん間違えて、よく覚える。

(5)

いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。

(6)

話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
同じ価値観の人がいないだけ。

(7)

変人と天才の差は、紙一重。

(8)

神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。笑顔である。

(9)

自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。

(10)

自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。

(11)

外向的な性格でなくてもいい。
内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。

(12)

生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。

(13)

相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。

(14)

しわを悪だと考えない。
人に味わいを与えるものだ。

(15)

魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存