存在感のある人になる方法

スポンサーリンク

(1)

存在感を出すだけで、かっこよくなれる。

(2)

本当の存在感は、物ではなく、心。

(3)

大きく見せるのではなく、小さく見せると、存在感が出る。

(4)

また聞きでは、説得力が出てこない。
説得力は、自分の体験から生まれてくる。

(5)

「俺がやった」と言ってしまうと、存在感が空回りする。

(6)

存在感には、2種類ある。
よい存在感と悪い存在感。

(7)

背筋をぴんと伸ばすと、見た目も心も引き締まる。

(8)

我慢をすると、個性が出ない。
素直になれば、個性が出てくる。

(9)

曖昧な表現では忘れられる。
はっきりした表現だと存在感が出る。

(10)

「みんながやっているから」は卒業。
「私がやりたいから」を大切にする。

(11)

話をするより、話を聞こう。

(12)

大声を出すと、存在感より迷惑を撒き散らしてしまうことになる。

(13)

失敗すると笑う人に、存在感が漂う。

(14)

コンプレックスこそ、大きな存在感を生み出す武器になる。

(15)

上手な人より下手な人のほうが、人気者になれる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存