存在感のある人になる方法(2)

スポンサーリンク

(1)

「魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ」。

(2)

「忙しい」を禁句にするだけで、存在感をアピールできる。

(3)

「たまに」が、怖い。

(4)

何でも「Yes」と答えない。
嫌なことは「No」と答えてもいい。

(5)

「余裕」という「空白」が、存在感を出す。

(6)

異性の要素を取り入れると、魅力が向上する。

(7)

表情には、言葉以上に感動を伝える力がある。

(8)

理解のある人は、存在感がある。

(9)

存在感を出すためには「不言実行」を心がける。

(10)

誤解されても、必要以上に説明しない。

(11)

出会いがあるから、行動するのではない。
行動するから、出会いがあるのだ。

(12)

「かっこいいね」と言う人が、かっこいい。

(13)

本当に優しい人は、困っている人に対して、見て見ぬふりをしない。

(14)

朝から元気な人には、存在感がある。

(15)

とにかく一生懸命な人に、存在感を抱いてしまう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存