実は、ポジティブな人間なんです。稲垣吾郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

他の男子校のちょっとがらの悪い生徒からからまれたり、ケンカを売られたりとかもあったんですけど、そういうときに草彅くん守ってくれたんですよ

(2)

結婚の前段階、恋愛についていえば、基本的に、追えば逃げるし、逃げれば追うタイプです。わかりやすいでしょう

(3)

もっと甘えていいし、甘えられていい。人の心は人の心が救うと信じています

(4)

自分はネガティブな印象を持たれやすいんですが、実は、ポジティブな人間なんです。知らないものには人一倍、好奇心旺盛で典型的なO型なんです

(5)

危機感だって当たり前に持っている。かといって、危機感を口に出したくはないんです。危機感を口にして、人と共有したがる人いません?「ヤバイぞ、ウチらは」って、会議で口にする人(笑)そういうベタベタした、傷を舐め合うような関係はあんまり好きじゃない

(6)

苦労した時期もあったけれど、基本的にあるがままに状況を受け止め、楽しんできました

(7)

僕はどちらかというと無口でクールな印象を持たれることが多いのでしゃべるとすごく喜ばれるんです。作られたイメージによって、一瞬、距離も作れるし、話せば得をする。ギャップルールですよね。だからきっと、プライベートで人と仲良くなりやすいんです。僕、基本的にすごくポジティブな人間なんですよ

(8)

役者でも、芝居に没頭して憑依するような人もいるけど、切り替えられるのが自分のいいところかな

(9)

仕事のことは、家に帰ったら完全に忘れますね

(10)

人を見た瞬間に、なんとなくどんな人かがわかるんです。「この人の場合はどう対応したらいいのか」というのも。だから僕は、人で失敗したことがないです。そういう嗅覚はあると思いますよ

(11)

僕は10代の頃から芸能活動をしているのですが、この業界の価値観だけになっちゃうのが怖くて、早くから外の友達と付き合うことを意識してきた。そういう友達をすごく大事にしています

(12)

これからも成長しなければ、成長し続けなければいけない。そう思えるようになったのが僕にとっての成長だったかもしれません

(13)

(プロフェッショナルとは?)こう、あえて人を否定することもなく、そして自分に与えられた仕事をちゃんと責任を持って、その仕事の持っているメッセージというものを人に伝えていくことなんじゃないかな

(14)

他人に認めてもらうにはまず自分が努力すること

(15)

時には、痛い思いをしてもいい。もっともっと、自分の好きなものや、魅力的な人達に出会いたいから、これからも貪欲に、新しい場所に飛び出して行くよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存