失恋から立ち直れないときの言葉(2)

スポンサーリンク

(1)

別れの苦しみを癒したくても、好きでもない人と付き合わないようにする。

(2)

失恋をして、ますます恋愛力が強くなる。

(3)

失恋に逃げるのをやめる。

(4)

その人に恋をしているのか。
思い出に恋をしているだけではないのか。

(5)

「失恋が少し長引いているだけ」と笑い飛ばせばいい。

(6)

失恋で精神科に行くのは、おかしなことではない。

(7)

前を向いているつもりではなく、本当に前を向く。

(8)

「振った」「振られた」と考えるから苦しみが強くなる。
「別れた」と考えればいい。

(9)

失恋は、お付き合いをしたことがある人なら、大半が経験すること。

(10)

失恋とは、数多くある人生経験のうち、しくしくする出来事が起こっているだけ。

(11)

「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめる。

(12)

別れの数だけ出会いの数もあることに気づく。

(13)

「もう二度と恋愛をしたくない」と思ったときは、無理に恋愛に挑戦せず、素直に恋愛を休んでみる。

(14)

人生には数多くの別れがある。
今回もその1つにすぎない。

(15)

失恋は通過点。
その先には、まだまだ道が続いている。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存