別れ話で話し合いをするときの心得(2)

スポンサーリンク

(1)

別れ話で、必要ない過去まで掘り返しすぎないようにする。

(2)

同情で別れを撤回するのは要注意。

(3)

別れ話を切り出すときは、弱気にならず、堂々と訴える。

(4)

別れるときの理由は、嘘ではなく、正直に言う。

(5)

別れを切り出す側は、泣きたくても泣かないこと。

(6)

「冷めた」という理由で別れを切り出すなら、具体的な話も添えて話す。

(7)

別れ話が重苦しくなって停滞したときは、一度トイレ休憩を挟む。

(8)

「分かった」という一言には要注意。

(9)

相手の悪かったところを言うときは、ストレートな表現は避け、柔らかい表現で言い換える。

(10)

相手が怒ってきても、できるだけ反論は避ける。

(11)

別れ話を保留にするときは、期限を決めておく。

(12)

無言の時間を大切にする。

(13)

言いにくいことを笑ってごまかす癖がある人は要注意。

(14)

別れ話には、感謝も伝えるのがマナー。

(15)

別れ話が長引いて、終電を過ぎたときは、タクシーを使う。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存