岡本太郎。愛する言葉

スポンサーリンク

(1)

どんな女でも、
底の底ではあったかく優しい。
許して包み込んでくれる。
性悪女でも意地悪ばあさんでも、
女はあったかい。

(2)

自分を大事にして、
傷つきたくない、
そう思うから不安になるんだよ。

(3)

女には、
生まれつき筋をつらぬく面がある。
男よりずっとしっかりしているよ。

(4)

いつでも愛はどちらかの方が深く、切ない。

(5)

”愛”の前で自分の損得を考えること自体
ナンセンスだ。
そんな男は女を愛する資格はない。

(6)

恋愛というのは、
とにかくエゴイスティックになるけれど、
相手を思いやる余裕を持ちたい。
人生だって、余裕のある、
広がりに満ちた人生の方がいいだろう。

(7)

好きな女性が、
ほかの男と結婚しようが、
こちらがほかの女性を結婚しようが、
それはそれだ、
ほんとうの出会いは、約束事じゃない。
恋愛というものさえ超えたものなんだ。

(8)

人は自分にないもの、
むしろ反対のものに惹かれるんだ。

(9)

クヨクヨしたら男の魅力は出てこないよ。
やたらに相手を気にしないこと。
もっと鋭敏な感受性と、
十分な優しさを持って、
どんどん平気で、
相手をカバーしてみるんだ。

(10)

ぼくがいちばん好かないのは、
”あたしなんか”という女性だね。
屈折している。
”あたしなんか”といいながら、
その実、相手に、
”そんなことないですよ”
といってもらいたいんだ

(11)

ためらい、投げだし、
そしてまともに自分の行為に対して、
悪びれない女性。
そういう人こそ、
いじらしく、可愛らしく、
また頼もしい。

(12)

相手の名前も知らず、
地位も知らず、
誠実かどうかも知らずに、
目と目が合った瞬間、
気持ちと気持ちがあったら、
そのときすべてをささげるべきだ。
その後のことは約束しなくたっていい。

(13)

告白するって、何を言うつもりなんだい。
”私は、貴女を、愛しています。アイ・ラブ・ユウ”
とでも言うの?
そんなことを言われたら、
気のきいた女性なら吹き出しちゃうよ。

(14)

口説く必要なんかないんだ。
目と目があえばいい。
あとは行動あるのみさ。

(15)

激しく自分が惚れていると感じるときは、
相手が裏切ったように見えるときだな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存