己の道を突き進む!竹中直人の言葉

スポンサーリンク

(1)

27歳のときに

お笑いでデビューした私にとって、

30代は本格的に演技というものに

取り組み始めた時期でした。

多くの映画やドラマ、舞台に出演し、

ときには自分が映画監督も務めました。

そういう経験ができたのは、

素晴らしい人たちとの

出会いのたまものだと

思っています。

(2)

常に人は、いろんなことに、

不安なんじゃないかな。

(3)

落ち込むことって才能だよね。

落ち込まない人は

それでいいと思っているから、

決して今より上にはいけない。

才能があるから落ち込むんでしょ。

(4)

理由なんていらない。

「だって好きなんだもん」でいい。

(5)

「努力」だとか「一生懸命」も

思いのエネルギーみたいなもので、

心がけようと思って

できるものではないんです。

ふと気がつくと周囲の人から

「努力したね」、

「一生懸命やってるね」

と評価される。

そこで初めて

自分は努力したんだ、

気づくだけのこと

(6)

自信なんか持ってみろ

ろくなことないぞ!

(7)

楽しい時間は

長くは続かないように、

良かれ悪しかれ、

いまの状況は

ずっと続くものでは

ありません。

(8)

「君は10年早い」という言葉、

僕は嫌いなんです。

何十年も生きていても、

悟るほどの境地には立てない

(9)

30代から現在まで、

私がいつも思い続けてきたのは、

「なんとかこの仕事を

ずっと続けていきたい」

ということです。

「成功したい」と

考えたことはありません。

(10)

何も考えず

まっさらな状態で進めば

最終的に何らかの結果に到達できる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存