お金に愛される10の法則

スポンサーリンク

(1)お札は向きを
揃えて財布に入れる

向きをバラバラに
入れるとケンカが起きる

お札の顔の頭から
入れると「吉」

(2)ポケットの小銭で
「チャリンチャリン」
と音をたてる

子供が集まって笑っていると
「何だろ?」と他の寄ってくる

小銭の音はお金を呼び寄せる

(3)お金を引き出したときは
「お帰り」と声を掛ける

「挨拶」のない
家には帰りたくないもの

(4)1万円札を払うとかは
「いってらしゃい」
と声を掛ける

前述と同様

5万円払ったら
5回言ってあげよう

(5)お金を呼び捨てにしない

貧乏人は必ず言っている

「オレ カネないんだぁ」

(6)お札のシワを
伸ばしてあげる

世の中を
タライ回しにされて
ケガだらけのお札

自分の財布で
休養させてあげよう

(7)大好きな本に
1万円札を挟んであげる

福沢諭吉は勉強熱心

自分がバイブルだと
思うくらいの本を
読ませてあげる

(8)お札を持つときは
指先よりも手のひらで

人が汚いものを持つ時は必ず指先

お札は必ず手のひらで

(9)落ちている1円玉は
必ず拾ってあげる

1円玉を救うと
1万円札がお礼に
やってくる

(10)トイレのフタを閉める

お金は流れるもので
家の中で流れがあるのは
トイレと台所です

お金持ちは必ず蓋が
閉めてあります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存