あなたはあなたでいい!叶恭子の言葉

スポンサーリンク

(1)

自分が好きなこと、

確信が持てることに

従って生きる。

それは、

他人に媚びない

生き方です。

世の中のすべてから

愛されようといった、

虫のよいことは考えず、

異端を恐れずに進む。

それがわたくしの原点です。

(2)

わたくしは自分の価値観で、

生きています。

色々なことを

言われているのは、

知っていますけれども、

それによって、

わたくしの価値観や生き方を、

変えるつもりはありません。

たとえ、そのことによって、

誰からも好かれないとしても、

かまわないのです。

(3)

すべての人が

求めているかのような、

「恋愛」ですが、

本当は、

誰もがしなければ

ならないもの、

ではありません。

その人にとって

興味がなければ、

一生しなくても、

まったくかまわないのです。

(4)

まずは「ブス」という言葉を、

あなたの辞書から追放しましょう。

(5)

パーフェクトでないこと。

それが人間であることの

証しであり、

同時に、その人固有の魅力にも、

つながることなのです。

(6)

変えられないことに

執着するのは、

エネルギーの

無駄遣いです。

変えられない中で

どうするべきかを、

考えましょう。

(7)

たとえ100万人の人が、

どんなに楽しそうに

していたとしても、

そこに真から楽しめる

ものがなければ、

「この世にたった

一人のあなた」は、

無理に笑うことは

ありません。

(8)

大人であるということ。

それは、自分の中の

子どもである部分に、

正面から向き合える

ということです。

(9)

「あなたのためを思って」

と言う人に対しては、まず、

「自分のために生きてください」と、

言葉を返していきましょう。

(10)

わたくしの人生にとって

何より大切なことは、

ほかの誰でもない、

わたくし自身がハッピーであると

感じられることです。

恋愛においては特に、

もっともそのことが問われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存