ダウンタウンとは松本である。浜田雅功の言葉

スポンサーリンク

(1)

ダウンタウンはこの人の才能でここまで来てるから、そこはもうリスペクトしてますよ

(2)

元々、(松本が)子供嫌いってゆうてたから・・・(子供が誕生して)人間変わるんやなぁって思った

(3)

(東京に出たら)まず松本の事を分かってくれる人間を探さなければならない

(4)

あいつ(松本人志)の他に誰がおんねん?他の人と笑いはでけへん

(5)

(売れる前のライセンス井本に対して) 偉そうに言うつもりはないけど、俺といる時はエエもん食べろ。自分で食べる時はお金ないねんから安いもの食べろ。一番上と一番下を知ることで人間としての幅が広がるから

(6)

いや、最後は決まってるんやで。最後は花月で漫才するんやけどな

(7)

笑いだけでやっていくつもりはないんですよ。隣が偉大過ぎるから

(8)

俺が他の誰かと組もうがピンになってやろうが、お笑いというところでは『ダウンタウンには絶対勝てへん』

(9)

ホンマ、ひとりの時間というのは、唯一家から仕事に行く車の移動のときくらいだけ、何かホッと息を抜ける唯一の場所が車だけになってもうた…何か寂しい気もするけどサラリーマンでも何でもそんなもんなんでしょうねぇ

(10)

松本は俺の金づるや

(11)

オレは他の誰にも負けへんくらい、松本のファンなんかもしれん

(12)

松本と別れることがあったら、俺はお笑いはしない。最高の笑いを見続けてきたから、他の笑いなんてできないでしょう?

(13)

ダウンタウンが解散してもたぶん松本はこの仕事をやってるやろと思う。やってなおかしい。あいつはスゴイもん。勝たれへんもん、誰もあいつには

(14)

他の人が成功したら、嫉妬するかも知れないけどアイツの成功は本気で喜べる。心から応援している、唯一の人

(15)

(マネージャーに対して)お前はインフルエンザなのにウロウロするな!今、松本のところには産まれたての子どもがおんねん、そこにうつったらどないすんじゃ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存