仕事が早くなって幸せになる25の方法

スポンサーリンク

(1)

「かっこいい自分」と
「誰かに役立っている様子」を
イメージして仕事をもっと
楽しくさせる。

(2)

とりあえず着手するだけで、
仕事の半分は終わったようなもの。

(3)

面倒な仕事ほど、
できるだけ早く
取りかかるのがいい。

(4)

「○○までに終わらせよう」
という目標を立ててから、
仕事を始めるだけでいい。

(5)

締め切りのない仕事でも、
締め切りは作っておくほうがいい。

(6)

やることをやれば、
後は待つだけではいけない。

(7)

仕事はスピードが大切!
少しでもフットワークを軽くして、
すぐ対応できるようにする。

(8)

立ったまま仕事をすると、
仕事が速くなる。

(9)

他人の成功は、
自分の損ではない。

他人を成功させることが、
自分にとっての成功になる。

(10)

空いた時間に
勉強しようとすると、
一生勉強できない。

(11)

満足させることに
満足していけない。

仕事の本当のゴールは、
満足を超えた感動。

(12)

興味のないことは、
覚えにくい上、
すぐ忘れる。

興味のあることは、
覚えやすい上、
なかなか忘れない。

(13)

食事と睡眠だけは、
不足させてはいけない。

(14)

1回あたりの
集中時間を長くするより、
集中の回数を増やせばいい。

(15)

ミスを完全になくすのは、
天才でも不可能。

天才のエジソンでさえ、
成功より失敗の数のほうが多い。

(16)

いい仕事をするには
「いい仕事をしよう」
という気持ちが大切。

(17)

仕事を愛さなければ、
本当にいい仕事はできない。

(18)

曖昧な表現より、
具体的な数字のほうが、
説得力が生まれる。

(19)

どちらもいいなと
思う本があれば、両方買う。

(20)

「ゆっくり」と
「もたもた」は違う。

(21)

プレゼン前に
挨拶をするだけで、
本番の緊張が和らぐ。

(22)

あなたが
メモを取る姿こそ、
最高の感謝。

(23)

行き詰まったときには、
非常識に考えるのが常識。

(24)

初心は大事。

ただし、本当に初心で
仕事をしてはいけない。

(25)

自分は完璧でないのに、
相手にだけ完璧を求めるのは不公平。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存