あせらず、おこらず、あきらめず。美空ひばりの言葉

スポンサーリンク

(1)

きょうの我に明日は勝つ

(2)

身を屈して、分を守り、天の時を待つ

(3)

ひばりに引退はありません。ずっと歌い続けて、いつの間にかいなくなるのよ

(4)

おたくさまのような格式張った劇場では、ひばりの歌は死んでしまいますので、どうぞあしからず、おゆるしくださいませ

(5)

私が生きられる場はここなの。なぜなら、私はそのために生まれて来たのだし、そのために生きてきたんですもの。そしてきっと、私の幸せもここにしかないのでしょう

(6)

あせらず、おこらず、あきらめず

(7)

本当に人生って、川の流れのようなものよね。まっすぐだったり、曲がりくねっていたり、幅が広かったり、狭かったり、流れが速かったり、遅かったり…

(8)

私はただ、歌が好きなだけ

(9)

来年、日本国がどういう国になるか私には想像はつきませんけれども、
でも、美空ひばりというものは、どんな国に変わろうとも、
自分自身変わらずに、生きていく覚悟はできております

―病の時期を経験した後の最後のインタビューより

(10)

歌っている限りは、ファンのみなさんに喜んで頂ける、
安心して歌を聞いて頂ける、そんな状態を長く保っていきたい!
こう、願っております。
どうぞ、宜しくお願い致します

―病の時期を経験した後の最後のインタビューより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存