気分を良くするために思い出したい14の言葉

スポンサーリンク

(1)

落ち込んだときは、空を見よう。空は、世界中とつながっている。

(2)

分からないことはあってもいい。大切なことは、分からないことを考えること。

(3)

苦しいときは、自分に問いかける。「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」と。

(4)

「頑張る」と「無理をする」は、違う。

(5)

ときどき泣いたっていい。泣かないと、泣き方を忘れ、泣けない人間になってしまう。

(6)

疲れたときは、前に進む勇気より、立ち止まる勇気。

(7)

前向きな逃げ方は、ザリガニから学ぶことができる。ファイティング・ポーズを取りながら逃げる。

(8)

1番も素晴らしいが、2番も3番も素晴らしい。手本があるのは、生きやすい。

(9)

宇宙の歴史から見れば、人類が誕生して、まだ4時間ほど。

(10)

美しい虹は、にわか雨の後に、見られるもの。

(11)

人生最大の宝物は、生きているということ。みんなすでに手にしている。

(12)

うまくいけば、堂々としよう。失敗すれば、練習だったことにしよう。次、気をつけよう。

(13)

頑張っても、うまくいかなかった。でも、頑張らなければ、もっとうまくいかなかった。

(14)

人は、心が熱くさえなれば、年を取ってもいつだって変化ができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存