職場で好かれる「11の法則」

スポンサーリンク

▼まずはここから
人と話すときは笑顔で相手の顔をみるのがポイントです。これだけで相手からの印象がグッっと良くなります。

(1)人の名前を覚える

自分の名前をすぐに覚えてもらうととても嬉しいものです。話す時は名前を呼ぶようにしましょう。

(2)人の良い側面だけを見る

人に好かれることは相手を好きになることが一番の近道です。

(3)笑顔を忘れない

いくらルックスが良くてもムスっとしていては人は寄ってきません。常にスマイルスマイル!

▼次はコレを意識
人の話を聞ける人間は人から好かれます。大きな心で相手の意見に同調してあげましょう。

(4)聞き手に回る

人は自分の話を誰かに聞いて欲しいと常に思っています。なので聞き上手の人は、相手から必ず好かれます。相手の目を見ながら、相づちをうちながら聞いてあげると特に効果的です。

(5)心から褒める

なんでも褒めていたら、「この人なんなの?」と思われますので、相手が”褒められたいポイント”を見つけて、そこを心から褒めることが大切です。

(6)ユーモアをもつ

真剣すぎるのも禁物です。角張った性格を、ユーモアを心がけることで柔らかくしましょう。

▼これができれば完璧
相手の立場に立って一緒に解決してあげましょう。一つ注意点として、問い詰めたような言い方で質問したり、ガツガツ深いところまで追求したりしないこと!

(7)自分のことよりも相手のことを考える

無理に「相手の為に~」っというわけではなく、さり気なく相手がどうしたいかを考えることが大切です。

(8)人が嫌がる仕事を率先してやる

会社では誰もが嫌がる仕事が必ずありますが、積極的にその仕事をするようにしましょう。そうすることで周りからは信頼され、会社からも貴重な人材と認識されます。

▼意識しておきたいNGポイント
絶対にやってはダメとは言いませんが、コレが多いと人があなたから遠ざかっていきます。できるだけ控えて話しやすい雰囲気をつくりましょう。

(9)ネガティブな言動をしない

ネガティブな発言が多い人とは一緒にいたくないですよね。ネガティブな発言は無意識にでも耳に届いてくるので、会社の中では言わないように。

(10)八方美人にならない

人気をとろう、他人の機嫌をとろうとするのは、短期的に相手に気に入られるかもしれない反面、長期的には本当の自分を隠してしまうことになって逆効果になります。

(11)理想を口に出さない

口で理想を語っている人は、行動が伴っていない傾向があります。口で言わなくても行動で理想を追い求めている人には、自然と人がついてくるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存