女性が輝き続けるための8つの習慣

スポンサーリンク

(1)仕事を生活の中心にしない

仕事が出来る女性は素敵ですよね。でも、仕事ばかりになっていると、ストレスも溜まり、顔にも疲れが出てしまいます。オンとオフのメリハリをつけて、上手にリラックスする時間を取ることが、心にも身体にも有益です。

「バランスのとれた生活」とは、社交的な生活を優先し、時に旅行に行き、ゆっくりした時間をとる生活のことです。健康的でハッピーで生産的でいるためには、休暇をとることが大切です。

(2)家族、恋人、友達との時間を大切にする

人間関係はずっと続いて行くものです。自分が大切にしたいと思う人を大切にしましょう。深い友人関係を持っている人は、長生きをするというデータもあるそうです。自分を“無条件で愛してくれる存在”を、忘れてはいけません。

子供を学校に送り出したり、パートナーを仕事に送り出したりする前に顔を合わせることはとても大切です。

(3)自分に素直に、自分を大切にする

幸せを掴むために一番大切な要素「素直さ」人と自分を比べるのではなく、自分が自分を理解してあげましょう。そんなに自分をよく見せようとしなくても、今のままの自分で十分です。

自分がどう見えるか、何を話すべきか、関心を持っているべきか、は自分が決めることです。他人の評価は気にしないことです。

居心地がいいと感じる場所、自分がしっくりくるポジション、そこに「あなたらしさ」はあるはずです。

(4)自分に似合ったものを着る、肌にも気を遣おう

流行を追ってしまい、自分に似合ったものを着るって意外と出来ないですよね。スキンケアも年を重ねた分だけ時間を多くかけましょう。肌は手入れをした分、きちんと応えてくれます。

人間は見た目から多くの情報を受け取っています。清潔で気持ちのいい身なりをしていることは、物事に対して常に丁寧であることの証です。

必要以上に着飾らず、自分の持っているものを上手に活かすことです。年を重ねた分だけ、自分自身に対してていねいに、そして年齢の分だけ時間をかけるようにしましょう。

(5)野菜、果物、水分をしっかり摂る

食事、偏っていませんか?体は食べた物からできています。野菜や果物は、ビタミンやミネラル、食物繊維を含んでいるので、体の機能を保つために欠かせません。

ギリシャでは、世界の中でも多く野菜を消費する国です。コース料理を頼んでも、メインが野菜のところが多いことがギリシャ人女性の食生活。フルーツにはビタミンが豊富で美容にも健康にもいいです。

十分な量の水を摂取することで身体の新陳代謝をあげ、体の中をきちんと水分がめぐるように心がけ、水をしっかり摂ることは、エネルギーや新しい細胞を作り出すシステムを順調に維持し、血液循環を促すために必要なことです。

(6)歩く、身体を動かす、運動をする

続かないキツイ運動ではなく、身体を動かすことを意識しましょう。それを続けていけば、老化しにくい身体になっていきます。健康で美しい女性であるためには「適度な運動」が必要不可欠です。

ストレスバランスの管理、バイタリティを保つ為に体を動かすことはとても重要です。パフォーマンスをフルに発揮するためにも、適度な運動を日常に取り入れましょう。

タイの女性は適度にマッサージに通うことが健康、体型維持に必須であると考えているようです。体のバランスを整えることはもちろん、柔軟性がよくなり、体のキレがよくなる、また血行も良くなるなど、強い体作りを可能にします。

(7)過度なダイエットはしない、身体を冷やさない

太りすぎは良くありませんが、痩せすぎも考えものです。食べ物はおいしく、身体が喜ぶものをしっかりと食べましょう。また、内臓が冷えると身体全体も冷えます。温かいものを飲んだり、食べたりして、身体を冷やさないようにしましょう。

体重を減らすストレス、感情、疲労は非常に強くなり、自分自身を攻撃してしまったり、落胆のあまり過食に走ってしまったりしがちです。ダイエットは無理なくポジティブに続けるのが成果を出すカギ、楽しみながら、もっとステキになった未来を夢見て楽しく続けましょう。

体が冷えると冷え性だけではなく胃腸機能や免疫力の低下、足のむくみなど、他にもいろんな症状が出てきます。

(8)睡眠時間をしっかり取る

たかが睡眠不足と思うかも知れませんが、睡眠不足がもたらす悪影響は怖いものがあります。ゴールデンタイムと呼ばれる22時~深夜2時の間に眠るようにしましょう。

睡眠時間をしっかり確保しないと 体内に溜まった疲労物質を取り除くことができません。慢性的な寝不足が肥満や糖尿病、免疫力低下、癌の引き金になります。

睡眠のリズムを正し、ホルモン分泌のリズムを正常にするためには、寝起きする時間はなるべく一定にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存