部屋が汚い女は絶対キレイになれない。桃井かおりの言葉

スポンサーリンク

(1)

“よろしくされたくない”ヤツに、よろしくお願いしますなんて言えなかった

(2)

人間には、失敗する権利だってある

(3)

50歳過ぎてからって、思ったよりもずっと面白いわけ。ごめんね~。悪いけど、このままいくと老後はもっと幸せになれそうなのよ

(4)

歳を取るって、面白いんだから!若い子を恨んで嫉妬してる場合じゃないのよ。もっと年上の素敵な女性たちを見て!あわててはダメよ

(5)

20代? ああ、二度と戻りたくない時代だわね。ピンヒールにケリーバッグ、カルティエなんか身に着けて、今よりも大人っぽかったかも。でも内心は、早く何者かになろうともがいて暑苦しくって、お気の毒だよね。「早くこっちにおいで」って思うわ

(6)

思い出は輝いて見えるけど、自分が幸せだということをその場で実感することは難しい

(7)

忘れたいことは、忘れないこと

(8)

星だって落ちたら石ころ

(9)

着物って最初はうまく着れなくても、毎日着ているうちに、着慣れてきて、着こなして、粋に着崩すでしょう? 人もさ、毎日生きてるうちに、生き慣れて、生きこなしていって、そして長生きして今度は「生き崩す」んだと思うのよ。長生きってこじゃれていると思うのよ

スポンサーリンク

(10)

過去の自慢話しか、しない大人が多いじゃないですか。今、何をやるか。これから何をやれるか。何に面白がれるか。それしか素敵じゃないでしょ

(11)

部屋が汚い女は絶対キレイになれない

(12)

生きてるうまみは、生きたやつにしか教えてあげられない

(13)

コンプレックスがひとつでも克服できたら“私ってステキ” と自分を抱きしめてみる

(14)

人ってさ、人と関わることによって、変色する生き物なんですよ。ただ変化するんじゃなくて、相手の色と混ざって、違う色になるの。「混ざる」っていいよね

(15)

安全な方向は、先に見えてしまうから行ってもつまんない。勇気はいるけど、新しいことにチャレンジすれば、新しい自分に会えるじゃない。いつだってあたしは、新しい自分に会いたいんだから

(16)

頂上にたどり着いて、たとえきれいな夕焼けに出会えなくても、
そこで思わぬ体力がついていることの方がすごいでしょ。
夢を追いかけるときに力がついてくる事実の方が、
夢を手に入れたかどうかよりも、
もっと素敵なことなんじゃないの

(17)

スタッフに好かれるために仕事してるわけじゃないから

(18)

つねに前向きに、年をとることもプラスに考える。例えば年をとってオッパイがたれてきても、シャツの前を開けてもいやらしくならなくてカッコ良くなった、と考える

(19)

50歳くらいになると、何も持ってない人はいない。なんかいい生き物になるのよ

(20)

いいタイミングで死んで伝説になりたいじゃないですか。自殺はひきょうだし、早死にはもうできない。ならば長生きしかないでしょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存