メンタルが強い人の5つの考え方

スポンサーリンク

(1)大らかでメンタルが安定している

メンタルが強い人の代表といえば、陸上のウサイン・ボルト選手です。彼は競技直前でも常にリラックスしていますし、周囲にも非常に愛想がよく沢山の人から愛されています。

ボルト選手のようにメンタルの強い人は、どんな状況でも取り乱したりしません。

常に情緒が安定しているので、とてつもない緊張した状況をも楽しめるのです。

心が安定している人は、今すぐにでもチャレンジしなければいけない事態におちいっても、常に冷静な判断ができるように、心を平穏に保ち、頭を明快にしています。

(2)絶対に他人のせいにしない

メンタルの強い人は「成功」や「失敗」を人のせいには絶対しません。むしろ失敗は自分のせい、成功は他人のおかげと捉えているので、どちらに転んでも一喜一憂しません。

どのような状況にあってもベストをだすことが大切だと常に考えます。

(3)自分のことは自分で決める

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これが出来る人は結構少ないです。

例えば仮に上司から下された命令であっても、その範囲内で最高の結果を出すことを第一に考えて行動するので、常に自分で決断し、行動するのと同じになります。

(4)過去を振り返らず、失敗を最高の学びとする

メンタルの強い人は、過去を振り返って悩んだりしません。無駄だとしっているからです。また、未来に不安を抱いたりしません。今できることに集中すべきと心得ているからです。

我々日本人はとにかく失敗に弱いので、一つの失敗で総崩れとなることが多いです。

失敗を失敗と捉えたら後悔しか生まれません。そして「また次も失敗するかも」といった不安を生み出すことになるでしょう。これは本当に辛いですよね。

失敗を何かを学ぶ最高の機会だったと考えれば、前向きに物事を捉えられます。

(5)他人の成功を心から祝福できる

これがデキる人は本当に少ないです。会社では「いい人」で通っているような人でも他人の成功を妬んだり、影であることないこと誹謗中傷する場合もあります。

これはドラマや映画の話ではなく、ましてや大企業や役所に限った話でもありません。30人以下の小さな会社や団体・組織で日常的に起こっています。

人を妬んだり、悔し紛れに侮蔑すればするほど精神的に苦しい状況に追い込まれます。

メンタルの強い人は自分のこと以上に祝福します。偉業を成したこと以上に、それまでの苦労が理解できるからです。そして、自分のモチベーションを高める材料にします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存