不安を追い払う「6つの基本動作」

スポンサーリンク

(1)ガムを噛む

意外に効果があるのがこれ。ガムを噛むことでストレスホルモンと言われている「コルチゾール」のレベルを下げる効果が「アメリカ科学振興協会(AAAS)」に掲載された研究結果で明らかになっています。ストレスや不安を緩和するだけでなく、マルチタスクにおける生産性の向上にも役立つそうです。

(2)深呼吸だけに集中する

基本中の基本ですが、もっとも効果の高い対処法でしょう。心臓がドキドキしてきたときには、とにかく深い呼吸を心がけて時間が経つのを待ちましょう。

(3)前向きな言葉を自分に言い聞かせる

例えば、タスクに追われて頭がパンクしフリーズしてしまった時。自分に前向きな言葉をかけることが少なからず役に立ちます。先のことを考えると不安が募りますが、今その瞬間を楽しむことで気持ちが落ち着くこともあるもの。“視点”の力は絶大です。

(4)外の空気を吸う

風にあたるだけで心は軽くなるものです。太陽を浴びて、そよ風に触れながら、空気の匂いを感じましょう。開放的になって、気持ちが落ち着きます。

(5)動物と触れ合う

私は、動物に人を癒やす力があると信じています。彼らは人間の感情を人間以上に敏感に感知できるものです。犬を飼っているとわかる人もいると思いますが、泣いてる時にはいつも駆け寄ってきてくれますよね。自分のコントロールが効かなくなった時、いつもそばにいてくれるのです。

(6)音楽と一体になる

私がいつも使う方法です。悲しい音楽を聞きながら思いっきり泣きます。もしくは、アップテンポの音楽を再生して歌ったり、踊ったり。楽器をひくのもいいですよ。いろいろなことに追われてテンパったときに、少し休んで心を落ち着けられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存