小さいうれしいことをふくらませていこう。森光子の言葉

スポンサーリンク

(1)

ふり返ってみれば自分でも驚くような人生で、よくやってこられたものと、ただただ、自分にびっくりしております。それもこれも、人生の途上で出会わせていただいた温かい人々や、私を助け支えてくださった多くの皆様方のおかげだと感謝申し上げております

(2)

奪い合うと足りない。だけど、分け合えば余るから、不思議よね

(3)

私もあなたも、今、この瞬間が人生で一番若いのよ。ほら、この若さ、明日はないんだから

(4)

不満はね、ストレスの素よ。感謝はエネルギーになるのよね

(5)

人の徳というものは、常識のちょっと上にあるのよね。これが分からないから、みんな迷うのよ

(6)

若い人は、若さという素晴しいものをお持ちですから、それを忘れず、自分と向き合って今の時間を精一杯生きてください。そうすれば、きっと輝くことができます

(7)

そのときが誠実で一生懸命だったらそれでいい。あしたを生きましょう

(8)

物ごとには、諦めていいときと、まだ諦めてはいけない時がございます。私はどんなに苦しくてもなかなかあきらめない性質でした。もしかしましたら、それがいい結果につながったのでございましょうか

(9)

誰でも、長い積み重ねの中から未来への道が開けてきます。
かんたんにあきらめず、投げず、焦らず、
そして人への感謝を忘れなければ、
きっとバラ色の未来が開けるはずでございます。

(10)

小さいうれしいことをふくらませていこう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存