好きな男性をデートに誘う30の方法

スポンサーリンク

(1)

いくら男性との関係がスムーズでも、すぐ肉体関係は持たないこと。

(2)

恋愛がうまくいかないとき、諦めるのではなく、うまくいく方法を考えよう。

(3)

得意分野をアピールすることで、思い出される人になれる。

(4)

過去の男性遍歴は、自慢しないほうがいい。

(5)

平凡なコミュニケーションは、ライバルと差をつける切り札になる。

(6)

ボディーランゲージは、親しくなるまでの時間を短縮させる。

(7)

振る側は、悪役になりやすい。
振られる側は、主役になりやすい。

(8)

男性は、荷物運びを手伝った女性を、好きになる。

(9)

自分で持てる荷物でも、あえて男性にお願いをしたほうがいい。

(10)

引っ越しは恋のチャンス。
業者にお願いをせず、好きな人に手伝ってもらう。

(11)

男性は、女性から二の腕に触られると、意識し始める。

(12)

会話で「暇だ」という一言が出たら、デートに誘い出すチャンス。

(13)

男性より、食事を早く食べ終わらない。

(14)

雨の日のデートに持参する傘は、大きな傘を持っていかない。

(15)

好きな人がコンビニに行く瞬間を、見逃さない。

(16)

機嫌がいいタイミングを見計らって、デートに誘う。

(17)

「勉強会」なら、真面目な雰囲気が出て、誘いやすくなる。

(18)

振られても、相手を憎まない人は、次の恋愛に移りやすい。

(19)

デートに誘われると、以後、その人のことが気になり始める。

(20)

武道の心技体は、恋愛にも通じる。

(21)

デートに誘えたあなたは、必ず成長がある。

(22)

「デートの練習」という口実で、デートに誘う。

(23)

「周りに知り合いがいると話しにくい」と行って、デートに誘う。

(24)

好きな人が所属する部活動のマネージャーになれば、毎日接触できる。

(25)

男性は、応援しに来てくれる人を好きになる。

(26)

見たい映画は、調べてでも無理やり作ろう。

(27)

不思議な力を持つ夜の時間帯を、恋愛にも有効活用せよ。

(28)

誰かの行動や発言につられて、自分の眠っていた潜在的な欲求が表面化する。

(29)

「デートの誘いがあったらどうする?」という仮定から始める。

(30)

やんわりした表現を使うと、対立やいらいらが少なくなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存