初対面で好印象を与える30の方法

スポンサーリンク

(1)

人間性の向上は、時間がかかって大変。
好印象の向上は、今すぐできて限界がない。

(2)

初対面で好印象を与える重要性を、きちんと理解する。

(3)

仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。
最初から仲良くなるつもりで会う。

(4)

前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。

(5)

自分から自己紹介をしよう。
先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。

(6)

名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。
フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。

(7)

最も好印象の表情は、笑顔。

(8)

初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。

(9)

初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。

(10)

自己紹介で相手の名前が分かれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。

(11)

会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。
相手の時間を尊重して、しすぎることはない。

(12)

相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。
恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。

(13)

相槌と好印象は、密接なつながりがある。

(14)

初対面でいきなり暗い話をしない。

(15)

初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。

(16)

人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。

(17)

初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。

(18)

下品なネタは、悪印象につながる。
知的なユーモアは、好印象につながる。

(19)

共通点は、相手と仲良くなるためにある。

(20)

姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。

(21)

ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。

(22)

弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。

(23)

好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。
初対面では、話すより聞くほうが大切。

(24)

失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。

(25)

外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。

(26)

横柄な態度は悪印象につながる。
謙虚な態度は好印象につながる。

(27)

痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。

(28)

初対面で注意したい3つの態度。
腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。

(29)

「○○に似ていますよね」という一言には要注意。

(30)

初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存