考えすぎる性格を直す30の方法

スポンサーリンク

(1)

考えすぎる性格を認めることから始めよう。

(2)

考えすぎる性格の苦しさを整理しておく。

(3)

考えすぎる性格の人は、思考のループに陥っている。

(4)

不安・恐怖の対象を見極めることが、考えすぎる状況から抜け出すポイント。

(5)

単に深く考えすぎる性格なら「病気」ではなく「性格の範囲」と考える。

(6)

考えすぎる性格の人は、適度な気分転換を身につけておこう。

(7)

瞑想の時間を作って、心を穏やかに落ち着かせる。

(8)

激しく体を動かせば、思考のループから抜け出せる。

(9)

考えていることを書き出せば、思考が落ち着く。

(10)

準備も、一定を越えると、考えすぎる原因になる。

(11)

完璧主義をやめないかぎり、考えすぎる性格も直らない。

(12)

人に相談して解決できれば、考えすぎる状態から早く抜け出せる。

(13)

失敗を恐れず楽しもうとすると、本当のあなたを発揮できる。

(14)

考えすぎる性格は「個性」として考えると、楽になる。

(15)

目標や理想は、人生を豊かにする助けになる反面、高すぎると、人生を苦しめる足かせになる。

(16)

必要以上の深読みは、自分の首を絞めることになる。

(17)

大笑いをすれば、考えすぎる状態から抜け出せる。
大笑いをした後に待っているのは、明るい未来。

(18)

1人の時間を減らす。
誰かといる時間を増やす。

(19)

ポジティブなことなら、考えすぎても疲れにくい。
むしろ考えすぎるのが楽しくなる。

(20)

いっそのこと、気が済むまで徹底的に考えてしまう。

(21)

考えても分からないことは、開き直ることも大切。

(22)

考える期限を作っておけば、むやみに考えることがなくなる。

(23)

考えてもなかなか分からないことは、ひとまず放置しよう。

(24)

自分なりに考えきったなら、後は運命と成り行きに任せよう。

(25)

思考の悪循環から抜け出せる一言。
「細かいことは気にしない」。

(26)

八方美人を心がけて幸せになった人は、1人もいない。

(27)

失敗して反省と改善をした後は、くよくよ考えないこと。

(28)

実は疲れているだけかもしれない。

(29)

考えすぎる性格がなかなか直らなくても、諦めないこと。

(30)

考えすぎる性格を役立つことに表現して、世の中に貢献する。

内に秘めるだけでなく、外に表現しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存