優しい人になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

すでにあなたは、優しい心を持っている。
表現方法が少し不器用なだけ。

(2)

純粋に相手を思って行動することこそ、本当の優しさ。

(3)

快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。

(4)

悪口を言う人に、優しい人はいない。

(5)

人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。

(6)

ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。

(7)

優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。

(8)

優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。

(9)

「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。

(10)

丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。

(11)

優しい人になるなら、外見は関係ない。

(12)

本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。

(13)

優しい人は、常に平常心を保っている。

(14)

優しい人は、3つの配慮がある。
目配り・気配り・心配り。

(15)

優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。

(16)

優しい人は、自分にも優しい。

(17)

気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。
時間・健康・お金。

(18)

優しい人は、笑顔を絶やさない。

(19)

むっとした場面こそ、にこにこしよう。
余裕を見せるチャンス。

(20)

相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。

(21)

さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。

(22)

相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。

(23)

優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。

(24)

えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。

(25)

小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。

(26)

つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。

(27)

時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。

(28)

優しい人には、許す習慣がある。

(29)

「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。

(30)

人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存