異性にモテる30の会話術

スポンサーリンク

(1)

モテる人は「モテる会話」を意識している。

(2)

モテない人は、たまたま褒める。
モテる人は、最初から褒めようと意識をしている。

(3)

芸能人に似ている話題は、出さないほうがいい。

(4)

会話を十分に楽しむことができれば、実は連絡先を手に入れたも同然。

(5)

過去の恋愛話が出たら「忘れちゃった」で、するりとかわす。

(6)

モテる人は「あなただけ」と思わせる会話を意識する。

(7)

「あなただけ」というフレーズを含めて、会話する。

(8)

話上手より聞き上手な人が、モテる。

(9)

「それからどうなったの」と言って、もっと相手に話をしてもらう。

(10)

積極的に食の話題を出して、「行きたいな!」とリアクションする。

(11)

「食べるのが大好き」という自己主張をするだけで、デートに誘いやすくなる。

(12)

「ちょうど今、同じことをしようとしていたところ」と言う。

(13)

「もしよかったら」を加えるだけで、感じのいい表現ができる。

(14)

方言をアピールしたほうが、隙があってモテやすくなる。

(15)

陰で友達の悪口を言う人と付き合えば、陰であなたの悪口も言うだろう。

(16)

「いいよ」ではなく「いいね!」と、返事をする。

(17)

モテる人は「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と心がけている。

(18)

とっさになったとき、とりあえず笑顔で返事をする練習をする。

(19)

現在進行形にすると、余韻が長く残る。

(20)

いつまでも敬語で接しない。
敬語をやめると、親しい雰囲気に変わる。

(21)

下ネタに笑っているからとはいえ、楽しんでいるとは限らない。

(22)

「失敗」と「不幸」を混在して話をしていませんか。

(23)

いくつに見えるか聞かれたとき、20歳くらいを区切りに、答え方を工夫する。

「私の知り会いの人と比べても若く見えますよ」と言えれば、最高。

(24)

あなたの思わせぶりな発言が、相手の度胸や勇気を後押しする。

(25)

モテる人は、小さな声で独り言を言って、デートに誘う。

(26)

モテない人は「ありがとう」で終わる。
モテる人は「お礼をさせてください」で次へつなげる。

(27)

「恋愛は何でも話ができる関係が大切」という主張の後、

「あなたになら何でも話ができそう」と言う。

(28)

「あなたといると楽しい。リラックスできる」と言えば、特別な存在であるとアピールできる。

(29)

大切な言葉ほど「別れ際」や「別れた後のメール」で伝える。

(30)

すでに恋人がいる人を好きになってしまっても、付き合える可能性は、わずかにある。

わずかな可能性に懸け「恋人とうまくいっている?」と聞いてみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存