人間関係に疲れたときの30の言葉

スポンサーリンク

(1)

人間関係の最大のコツは、相手にも自分にも、完璧を求めないこと。

(2)

足を踏まれたときは「大丈夫です」と言って、にっこりする。

(3)

人間関係が嫌になれば、切るのではなく、距離を置く。

(4)

感謝の理由は、後から考えればいい。

(5)

当たり前の話は「再確認の機会になった」と考える。

(6)

褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。

(7)

ストレスがあるのはかまわない。
よくないのは、ため込むこと。

(8)

ストレス発散のコツは、月・週・日の3段階で定例化させること。

(9)

守れる自信がない約束は、しない。

(10)

外国語が流暢に話す人を、妬んでいませんか。

(11)

親交を深めるお金に、無駄はない。

(12)

友達の数を自慢する人に限って、親友はゼロ。

(13)

困った表情は、笑顔になる。

(14)

突然、プレゼントをしてみる。

(15)

人を騙さない。
昼の世界で生きられなくなる。

(16)

ほほえみは競走。
相手より、先にほほえむ。

(17)

愛は、探すものではなく、掘り出すもの。

(18)

相手の年齢を忘れるとき、人間関係の可能性が広がる。

(19)

スーパーマンでさえ、変身するときは、隠れる。

(20)

誰も愛さない人は、誰からも愛されない。

(21)

人が美しくなるのは、愛されるときより、愛するとき。

(22)

「この人も大変なのだろう」と思えば、冷静に受け止めやすくなる。

(23)

嫌いな人は、子犬のようなもの。
なだめるように接しよう。

(24)

お金持ちになりたければ、喧嘩を避けるためにお金を使う。

(25)

不謹慎な言葉の前には、配慮の一言を加える。

(26)

嬉しいことがあれば、幸せの連鎖を意識する。

(27)

部下は家族と思って、接する。

(28)

友達がいれば必ず幸せとは限らないが、幸せな人には必ず友達がいる。

(29)

偉くなっても偉そうにしない人が、本当に偉い人。

(30)

すべての人は家族。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存