心の健康を保つ30の方法

スポンサーリンク

(1)

健全な精神を保つためには、コントロールの練習が必要。

(2)

他人への迷惑を考えてから行動すれば、ぶつかることはなくなる。

(3)

10年後という未来から考えると、すべてが感謝に変わる。

(4)

お互いのためになる行動をすればいい。

(5)

好きなことをして、輝く。

(6)

服が汚れたくらいで、大騒ぎをしない。

(7)

ぶつかった相手で、自分の精神レベルをチェックする。

(8)

精神レベルを上げて、ぶつからない人になろう。

(9)

そもそも自分のものなんて、1つもない。

(10)

1人の時間を作らないと、自分のことを振り返られない。

(11)

「自分は間違っているかもしれない」という謙虚な気持ちを持ち続ける。

(12)

冗談の1つでも言えば、人間関係が柔らかくなる。

(13)

相手にしてもらいたい態度を、まず自分が先にする。

(14)

トラブルは、あなたの耐震性をチェックするテスト。

(15)

体験談ほど、有益な話はない。

(16)

心の安定には、お金が必要。

(17)

手紙を書くと、心がきれいになる。

(18)

直接本人に言いにくいストレスは、紙に書いて吐き出す。

(19)

プラスの言葉を使う。
マイナスの言葉は使わない。

(20)

ドキュメンタリー番組を見て、人生の勉強をする。

(21)

シンプルに考える。

(22)

身近な人ほど、近すぎるがゆえに見えなくなり、感謝を忘れがちになる。

(23)

最年少の自慢より、最高齢の自慢をしよう。

(24)

自分探しは、今いる場所で見つける。

(25)

かっとなって手をあげる前に、深呼吸をしよう。

(26)

褒めるより、拍手をする。

(27)

1人になる時間で、自問自答の時間を作ろう。

(28)

他人にした行為は、すべて自分に戻ってくる。

(29)

充実した日々を送るためには、まず全力を尽くすこと。

(30)

「生き方」「信念」「夢」の3つの軸を持つ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存