のんびり気楽に生きる30の心の習慣

スポンサーリンク

(1)

のんびりしたカメだからこそ、味わえる感動がある。

(2)

待ち時間に、真上を見上げる。

(3)

すべてのものは美しいことに、気づく。

(4)

おごりと割り勘は、臨機応変に対応する。

(5)

ぼうっとしていたからこそ、潜在意識が表面化する。

(6)

「いつでも行ける」と思う近場こそ、絶好の穴場である。

(7)

早起きすると、1日が長く感じられる。

(8)

よく噛んで食べれば、おかずなしでもご飯はおいしい。

(9)

勉強部屋に缶詰にならず、外へ遊びに出かけることが大切。

(10)

私たちは2つの世界に生きている。
「昼の世界」と「夜の世界」。

(11)

昔の遊びには、テレビゲームでは味わえない刺激がある。

(12)

考えても分からないことに悩んでも、仕方ない。

(13)

「緩」も「急」も、どちらも必要不可欠。

(14)

ほのかな朝日で、自然に目覚める。

(15)

ウサギにはウサギのよさがある。
カメにはカメのよさがある。

(16)

入院は、人生の夏休みと思う。

(17)

「まあ何とかなるだろう」と、根拠なく気軽に構える。

(18)

言いたいことは、次の日に言うくらいでいい。

(19)

100パーセントを感じさせる言葉は使わない。

(20)

おもちゃには、童心に返る力がある。

(21)

成功するためには3つの目が必要。
鳥の目、虫の目、魚の目。

(22)

仕事の予定が入る前に、休暇の予定を先に入れる。

(23)

弱みを隠しているうちは、一生克服できない。

(24)

「早寝早起き」と「1日3食」という規則正しい生活を送る。

(25)

迷わない。
直感に従う。

(26)

ゆっくり話すことは「落ち着き」と「品」を醸し出す。

(27)

完璧を求めると、読書が間違い探しになってしまう。

(28)

どうしてもリラックスできないときには、お酒の力を借りればいい。

(29)

動きやすい服装を心がける。

(30)

約束の数をできるかぎり少なくする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存