絶望の人生に希望の光を見いだす30の方法

スポンサーリンク

(1)

神様は、どんな最悪の状況でも、あなたを見放さない。

(2)

希望がないのは誤解。
自分から希望を捨てているだけ。

(3)

「何もかもなくした」と思っているだけ。

(4)

小さな裂け目ほど、今ならまだ修正が間に合う。

(5)

絶望しているときは「絶望」という絶景を楽しむ機会と考えよう。

(6)

自分に合ったことをしていないと、いくら努力をしても報われない。

(7)

そもそも10代は、失敗を積み重ねる時期。

(8)

人生はワイン。
時間がかかったほうが深い味わいが出る。

(9)

苦い薬ほど、体のためになっている。
つらい経験ほど、人生のためになっている。

(10)

泣きながら笑おう。
笑顔は、闇を吹き飛ばす力がある。

(11)

アプローチをちょっと変えれば、問題はあっけなく解決する。

(12)

無駄があるから、人生は豊かになる。

(13)

先生に恵まれない人は、本屋で探せばいい。

(14)

エレベーターのない建物に住んでいる人は、必ず健康になる。

(15)

先入観で判断するのは、やめる。

(16)

最低の状況は、好転するという前触れ。

(17)

1人になったときは、誰にも邪魔をされないチャンスと考える。

(18)

「失う」というのは言い換えれば、「自由の獲得」である。

(19)

自分がごみだと思うものは、他人からは宝に見える。

(20)

真っ暗の中だから、小さな光がはっきり見える。

(21)

ペットは今しか考えていないから、いつも元気だ。

(22)

目立たない四隅は、一番有利なポジションだった。

(23)

いい親でも、人は成長する。
ダメな親でも、人は成長する。

(24)

追い詰められたら、上に上がるしかない。

(25)

今が不幸かどうかは、今はまだ決められない。

(26)

年を取るにつれて、叱られる経験は貴重になる。

(27)

人間関係のトラブルは、同じレベルの者同士しかぶつかれない。

(28)

巨大なピラミッドほど、大きな土台が必要だ。

(29)

命があるだけ、感謝する。

(30)

死ぬ気になれば、何でもできるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存