苦しい人生を前向きに生きる30の言葉

スポンサーリンク

(1)

すべての人が、多かれ少なかれ、悩みを抱えているもの。

(2)

悩むのは、向上心がある証拠だ。

(3)

人生に苦しんでいるのではない。
人生の山を、乗り越えようとしているのだ。

(4)

どうにもならないことをくよくよ考えていても、疲れるだけ。

(5)

生きられる時間は、まだたくさんある。
さあ、これからの生き方が大切だ。

(6)

「自分の人生は不幸すぎる」と思う人は、実は欲が大きすぎる。

(7)

幸せを世間と比べているかぎり、真の幸せは得られない。

(8)

「未来は必ず明るくなる」
そう思うことが、明るい未来を作るコツ。

(9)

人生は、つまずいて転んだ後の行動が大切。

(10)

涙の数だけ、大人になれる。

(11)

うまくいかない時間は、助走の時間。
助走が長いほど、遠くまで跳んでいける。

(12)

人生は掛け算。
どれだけチャンスがあっても、行動がゼロなら、実現もゼロ。

(13)

持病のせいで、寿命が縮むのではない。
持病があるおかげで、寿命が延びる。

(14)

不運に見舞われたのではない。
話のネタができたのだ。

(15)

嬉しいことがなければ、嬉しかったことを思い出せばいい。

(16)

満員電車は、ジムだと考える。

(17)

「簡単に取得できる資格」で、人生を踊らされるな。

(18)

身の回りの模様に気づいて、芸術鑑賞する。

(19)

「しなければならない」と思うとつまらなくなる。
「してみたい」と思うと、勇気が湧いてくる。

(20)

忘れていませんか。
誕生日を迎えた人に「おめでとう」と祝う、本当の意味を。

(21)

雨が降っている日にはこう言おう。
「今日はいい天気だ」

(22)

1日1回は「だからやらない」ではなく「だからやろう」と言う。

(23)

どん底に落ちているのではない。
海底トンネルを進んでいるのだ。

(24)

淡々と繰り返されることは、らせん状の階段だと考える。

(25)

大差がついている状態だから、今から努力を始める。

(26)

近道だけが、正解とは限らない。
寄り道が、人生を面白くさせる。

(27)

過去を振り返っても、好きなことが見当たらないときは、新しい経験に挑戦する。

(28)

人生は、バッティングセンターだ。
身構えていないと、ボールを打ち返せない。

(29)

すべての終わりは、始まりだと考える。

(30)

人生で、最も乗り越えるのが難しい困難は、一番憎んでいる人を許すこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存