つまらない人生を楽しくする30の言葉

スポンサーリンク

(1)

つまらない人生になるのは「つまらない」という口癖のせいだ。

(2)

絶望したときこそ、明るいことを考えて、前方を明るく照らす。

ゆっくり、少しずつでいい。

(3)

好きなことをして、モチベーションを上げる。

(4)

自分の人生を、思いのままに作っていく。

(5)

「羨ましい」と思えば、どう実現したのかを、探る。

(6)

財布の掃除をすると、金運が向上する。

(7)

いきなりあとがきを読んでから、1ページ目から順番に読み進めてみる。

(8)

地道な仕事をすることなく、成功を収めた人はいない。

(9)

スタートの合図は、誰かにしてもらうものではなく、自分でするもの。

(10)

初体験は、宝箱を開けるつもりで、挑戦する。

(11)

人生は、海外旅行だ。
観光を意識するから、異文化を楽しめる。

(12)

思うようにいかないのではない。
手間をかけているのだ。

(13)

起死回生の喜びは、絶望を経験した人だけ、味わえる。

(14)

覚悟を決めなければ、立ち振る舞いは、美しくならない。

(15)

生きる楽しみは、視野を広げることで、見いだせる。

(16)

出口は必ずある。
出口が見えないのではなく、隠れているのだ。

(17)

いらいらしているのではない。
人生から試されているのだ。

(18)

「人生のトラブルだ」と思うことは「イベントが始まった」と考える。

(19)

待ち時間は、時計をちらちら見るより、上手に暇つぶしをする。

(20)

贅沢は、お金より、心で楽しむもの。

(21)

電車やバスの入れ違いは、神様からの時間のプレゼント。

「焦っていても仕方ない。落ち着きなさい」というメッセージ。

(22)

「大人になると、感動することが少なくなる」という甘い言葉で、ごまかさないこと。

(23)

しわは、顔にできる年輪だ。
深みを与える力がある。

(24)

97歳で大学を卒業した男性がいる。
年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。

(25)

苦境に立たされているときこそ、自分の真価が問われるとき。

焦るのではなく、冷静に。

(26)

雨は洗車と同じ。
街をきれいに洗っているのだ。

(27)

「愛している」と言わない人は「愛している」とも言われない。

(28)

自分が褒められたときは、自分の親も褒められたことになる。

(29)

100年後には、もう死んでいることを意識しながら人と接してみる。

今までより優しい気持ちで接することができる。

(30)

歴史書のどこページを見ても、これほど恵まれた時代はない。

私たちは今、人類史上、最も恵まれた時代に生きている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存