たるんだ心と気持ちを引き締める30の方法

スポンサーリンク

(1)

心と気持ちを引き締めるためには「夢」が必要。

(2)

夢を見つけるキーワードは「好きなこと」と「得意なこと」。

(3)

一番を目指すのではなく「自分の才能を生かしきること」を目指す。

(4)

大きな夢を小さく区切れば、手をつけやすくなる。

(5)

毎日ゆっくりでもいいから、続けること。

(6)

精神力を鍛えるトレーニングのために、プレッシャーを活用する。

(7)

プレッシャーというダンベルを活用すれば、精神力は鍛えられる。

(8)

精神力のトレーニングは、筋トレと同じ。

小さなプレッシャーを感じることから始める。

(9)

心と体の緩みは、
酸っぱいもので引き締める。

(10)

冷たいものに触れると、
心も気持ちも引き締まる。

(11)

朝一番に好きなことが待っていれば、
早起きができるようになる。

(12)

人に腹が立ったら、
世間知らずを相手にしているのだと考える。

(13)

朝に余裕がない人は、
人生にも余裕がない。

(14)

悪条件ほど、あなたの潜在能力を引き出す絶好の条件。

(15)

恥ずかしい経験が、あなたの心と体を引き締める。

(16)

ライバルに勝ちたければ、一度ライバルのファンになる。

(17)

そりの合わない人がいるから、仕事がはかどる。

そりの合わない人に囲まれているからこそ無駄な雑談が減り、仕事に集中できる。

(18)

水風呂に入って、身も心も引き締める。

(19)

環境は、お金を出してでも買え。

(20)

定期的に模擬試験を受けて、ショックを受ける。

(21)

団体行動をすると、だらだらしたくてもできなくなる。

(22)

成長記録をつけて、過去の自分と比べる。

(23)

勝負の前には、しっかり食事を取る。

(24)

自分の財布からお金を出して、学校に通う。

(25)

自己管理が苦手な人は、学校に頼ればいい。
ただし、自分のお金を使うこと。

(26)

競争の世界に身を置くと、おのずから闘争心が湧いてくる。

(27)

あなたの人生は、常に上向きである。

(28)

すでに十分の宝を手にしていることに気づく。
そのとき「もっとたくさん」という心の病から、ようやく解放される。

(29)

アナログ時計で、
時間を感覚的に感じ取る。

(30)

親からの支援を自分から断ち切る。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存