世の中、仲良くお手々つないでゴールとはいかない。松方弘樹の言葉

スポンサーリンク

(1)

重要なのは、好きなこと、ときめくことを探っていくこと。それは趣味だけじゃなく、仕事もね。人間、自分の職業にときめかなかったら、長続きしませんから。

(2)

仲間っていうのは、甘え合うつながりじゃない。刺激し合う関係なんだよ。

(3)

やっぱり一歩踏み出すときは、度胸が大事。ビビったら道は広がらないですよ。

(4)

小難しい理屈をこねていないで動き回るべき。男としての確立、自分が大地を踏みしめる場所を探せばいい。

(5)

当たり前の努力を自力でやったヤツの周りには、生き様に見合ったいい仲間が何人か現れる。困ったときは手を差し伸べてくれて、ときにはキツいことも言ってくれるような。

(6)

大切なのはときめきがあるってことだよ。そうすると、人間、フットワークがすごく軽くなる。体が動き出すんだよ。なにをしていても、駆けつけたいわけだから。

(7)

僕は俳優業を徐々に好きになり、気がついたら50年。やっぱり、好きになったことが続ける原動力になったと思う。

(8)

俺は勝っている、負けている。そう思うのは当たり前。それが人間。負けていると思ったら頑張ればいい。勝っていると思ったら、「よし、もっと離してやろう」と突っ走ればいい。

(9)

天職というのはどの人にもあるはずで、40代に入るまでに探ること。そして、ときめく生き方に早くたどり着いたヤツが、その後の人生で自分を確立することができる。

(10)

世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。

(11)

人とのつきあいで、大切なことのひとつは、人の悪口を言わないこと。もちろん、頭の中で思うことはありますよ。でも、それは飲み込んでしまう。だってね、僕の前で誰かの悪口を言った男は、必ず他のどこかで今度は松方弘樹の陰口を叩くはず。本人は否定しても、周りからは「そういう男だ」と見られてしまう。それは男として最低。

(12)

手柄を独り占めしないことが大切。配当にしても金が残ったときに「次回作用に……」とは考えない。そのお金はみなさんがいたから初めてできたわけで、僕がいたからではない。だったら、還元しないとね。握り金玉(何もしない)で懐に入れてしまったら、次はない。1回完結で、使っちゃう。

(13)

幸い赤字が出たのは『せんせい』の8千万円だけで他の3本は当たってる。だから、出資してくれた人には2割、3割の配当を付けて返すことができています。2千万円借りた人には2600万円を返し、5千万円なら6千万円。すると、周囲は「松方に話を持っていったら、なにか起きるかもしれん」と見てくれる。そう期待してもらえるだけでも、人とのつながりは広く深くなっていくでしょう。

(14)

趣味でも仕事でも遊びでも、30代というのは何事もやったほうがいい。自分でブレーキかけることはないよ。なぜなら、勝手に絞られてきますから。たとえば、僕はもう30の倍以上の年齢になっています。自然とあれもこれも……とはできなくなってくる。結果、趣味の面で究極、ひとつ残ったのが釣りだったわけ。

(15)

毎日に張り合いがないと思いながらも、何もしないままでは人生もったいなさすぎる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存