苦手意識を克服する30の方法

スポンサーリンク

(1)

嫌いなことは、しなくていい。
むしろ、してはいけない。

(2)

プラス思考になろうとすることは、自分に嘘をついている姿である。

「プラス思考になろう」と思うのは、つまり「プラス思考ではない」ということ。

(3)

嫌いなことをしていると、嫌いな分野がもっと増えてしまう。

(4)

好きなことをして追求していると、好きの分野が広がり、自然と人間関係や経済を楽しんで勉強できるようになる。

(5)

本当に好きなことをしていると、困難を乗り越える努力とは無縁になる。

(6)

好きなことをしていると、自然とプラス思考になる。

(7)

すべて「成長」という観点から受け止める。

(8)

行動力は、好きという気持ちの大きさに比例する。

(9)

コンプレックスほど、強いバネはない。
ほかの人より努力をするパワーは、コンプレックスから発生している。

(10)

年を取れば、涙もろくなる。

それは心の成長ができたということ。

(11)

好きも嫌いも、存在しないことに気づく。
「そもそも1つである」という事実に気づく。

(12)

森羅万象は、1つであることに気づく。

(13)

男と女は、別々ではない。
1つのセットである。

(14)

境界線を見ているうちは、まだ夢の中である。

(15)

所有欲を少なくし、境界線をなくしてしまう。

(16)

捨てれば捨てるほど、不思議なことに豊かさが手に入る。

(17)

悩みは手に入れることで解決するのではない。
捨てることで解決するのだ。

(18)

分けてはいけない。
ありのままを素直に飲み込む。

(19)

あなたが思っている好きも嫌いも正体は、「記憶」だった。

(20)

善悪は、初めからあるのではない。
人間が作り出した幻である。

(21)

つながりのない関係はない。

(22)

「無限」という答えは「無い」ということに気づく。

(23)

現実に問題があるのではない。
自分の心に本当の原因があった。

(24)

経験そのものが問題ではない。
受け止め方が問題なのだ。

(25)

親が、素晴らしくないわけがない。

(26)

プラス思考にならなくてもいい。
すべては、初めからプラスだから。

(27)

苦しみから逃れようとする力は、強大である。

一時的にはたしかに痛いが、長期で見ると大きな成長を得ることができる。

(28)

すべての人には、必ず才能が与えられている。

(29)

受け止め方により、プラス・マイナスが決まる。

(30)

頭がよくなると、人を裁くようになってしまう。

相手は相手、自分は自分。

おおらかな気持ちを持つこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存