諦めた人生が復活する30の言葉

スポンサーリンク

(1)

まだ諦めていない自分に気づいて、やる気を出す。

(2)

朝起きたときは「今日はいい1日になりそうだ」と考えるのを、習慣にする。

(3)

難しい選択は、10年後の幸せな自分を想像して、考える。

(4)

余裕がないと、感謝があっても、気づけない。

(5)

行動と成長は、交互にやってくる。
行動をやめれば、成長も止まる。

(6)

人生は、サイコロを振るボードゲーム。
振れば、必ず数字が出る。

(7)

あなたが大変な仕事をする分、誰かが助かる。誰かが喜んでくれる。

(8)

心配を感じたときは、その時間すらないほど、もっと行動する。

じっとしていても、仕方ない。

(9)

小さなことに悩んでいるのではない。
人生を追究しているのだ。

(10)

強くなるために、守るものを作る。

(11)

潜在能力を発揮させたければ、逃げ道をすべてなくせ。

(12)

間違いも失敗も、エンターテイメント。

(13)

元気な自分ばかり好きになろうとしていないか。
元気のない自分も、好きになる。

(14)

不幸探しをやめなければ、不幸から脱出できない。

(15)

人生は、運動会の玉入れ。
結果は、終わってから分かる。

(16)

怒る人からは逃げなさい。
叱る人なら聞きなさい。

(17)

危ない経験をした直後は、予防策を立てる。

(18)

人生は歯磨き。
サボっても、ひどい経験をするのは自分。

(19)

達成できる手段がなければ、自分で新しく作る。

諦めないかぎり、可能性はある。

(20)

座りながら考えて分からないことは、歩きながら考える。

(21)

小さすぎる目標をたくさん作って、達成感を得る機会を増やす。

(22)

行き先を変えるなら、まず降りることが必要。

「どうしよう。どうしよう」と思っているうちに、どんどん前に進んでいく。

決断をするなら、早いほうがいい。

(23)

「何となく」という理由で、始めてみる。

(24)

自分の潜在的な勇気に、気づく。

(25)

今までうまくいかなかったから、これからうまくいく。

今日は、これからの人生の最初の日。

(26)

幸せを感じるのは、分かち合うとき。

(27)

1日1回は、集中の時間を作る。

(28)

理科の実験のつもりで、挑戦してみる。
「どんな結果になるか分からないから、ちょっと試してみよう」という感覚でいい。

(29)

熱意を見せれば、もしかすると状況が変わる可能性もある。

人生では、簡単に引き下がらない粘り強さが大切。

(30)

自殺するくらいなら、逃げるほうがまし。
手遅れになる前に、逃げること。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存