強く生きる30の言葉

スポンサーリンク

(1)

よく笑われた人が、一番出世する。

(2)

新人の気持ちは、常に持ち続けなければいけない。

(3)

能力は、最初からあるものではない。
鍛えて身につけていくもの。

(4)

義務感でしていることは、長続きしない。
使命感でしていることは、ずっと続く。

(5)

調子が悪くても、落ち込まない。
調子がよくても、思い上がらない。

(6)

仕事をしないと、調子も出ない。
調子は、仕事をしながら少しずつ出していくもの。

(7)

笑って話す行為には、負の記憶を昇華させる力がある。

(8)

体の傷は、消したくても、一生残る。
心の傷は、諦めなければ、いつか消える。

(9)

会議は、積極的に発言しないと出席の意味がない。
少しうるさいと思われるくらいでちょうどいい。

(10)

早く成長しようとすると、すぐ元に戻る。
ゆっくり成長しようとすると、なかなか戻らない。

(11)

本当に個性のある人は「人と違うように見られたい」と考えない。

(12)

かまってもらおうとすると嫌われる。
かまってあげようとすると好かれる。

(13)

自信がない人ほど、威張る。
自信がある人ほど、威張らせる。

(14)

無理をしても、翌日の調子が悪くなるだけ。
無理をしないマイペースが、一番結果を出せる。

(15)

「嫌われたくない」と思うから苦しくなる。
「嫌われてもいい」と思えば、楽になる。

(16)

自分を信じる人は、いざというときに強い。

(17)

怖いのは初めの1歩だけ。

(18)

一声を迷うから、疲れる。
すぐ一声をかければ、疲れない。

(19)

いい仕事は、寝ることから始める。

(20)

怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しよう。

(21)

丁寧なお金の受け渡しは、金銭感覚を養う基本。

(22)

いらいらしたら、地面に映った自分の影を見て、気持ちを落ち着かせる。

(23)

スポーツをしている人はぼけない。
スポーツを見てばかりの人がぼける。

(24)

明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。

(25)

働いて疲れたら、素直に休もう。
働いて元気でも、素直に休もう。

(26)

批判を恐れず、価値観や考え方はどんどん変えていく。

(27)

主役も素晴らしいが、脇役も素晴らしい。
引っ張るのが才能なら、陰で支えるのも才能。

(28)

立派な社会人になる必要はない。
普通の社会人で十分素晴らしい。

(29)

誤解を解くときは「話せば分かる」ではなく「会って話せば分かる」という点を意識する。

(30)

強い心は大切。
柔らかい心はもっと大切。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存