心が元気になる30の言葉

スポンサーリンク

(1)

乱暴な言葉遣いは、どれだけ言っても伝わらない。
丁寧な言葉遣いは、短い一言でもしっかり伝わる。

(2)

自分が守っているものは、本当に価値の高いものなのか振り返ってみる。

(3)

流れと勢いを作る人が、チャンスをつかむ。

(4)

できるだけ意図しないインプットを減らす。
できるだけ意図するインプットを増やす。

(5)

心のテーマソングを持とう。
その1曲が、窮地を救ってくれる。

(6)

本当に気が利く人は「何かお手伝いすることはありませんか」と聞かない。

(7)

急に予定が空いたら、好きなことを楽しむ。

(8)

失敗しても、自分らしい挑戦だったなら、喜んでいい。

(9)

その仕事はまだ完了してない。
完了に見える未完了。
「まだできることがあるのではないか」と考えながら眺めていると、何か気づく点が見えてくるはず。

(10)

体が弱くても、心が強ければ大丈夫。
体が小さくても、心が大きければ大丈夫。
体に限界はあっても、心には限界がない。

(11)

心が小さくてもいい。
心が小さいなら、強くすればいい。

(12)

友達が減ったのではない。
本当の友達が残ったのだ。

(13)

「命までは取られない」と思えば、勇気が出る。

(14)

迷うのは、やりたい証拠。

(15)

気になるのは、興味関心がある証拠。

(16)

瞑想を通して、心の掃除をする。

静かな場所で目を閉じて、無心の時間を3分間過ごすだけでOK。

(17)

しかめ面は、人も運も逃げていく。
笑顔は、人も運も引き寄せる。

(18)

「ばかにされるだろうか」と思っているとばかにされる。
「ばかにされてもいい」と思っていると、ばかにされない。

(19)

元気は、自然と出るものではなく、積極的に出していくもの。

(20)

「かわいそうな自分が好き」と思ったらすぐやめる。
「ありのままの自分が好き」と思うようにする。

(21)

泣いても落ち込んでも、前を向こう。
どんなことがあっても、必ず明日が来るから。

(22)

悲観的な言葉でかっこつけるのはやめる。
悲観的な言葉ではなく楽観的な言葉を言って、元気を出す。

(23)

意味のない仕事ではない。
まだ意味を理解していないだけ。

(24)

知ったかぶりをすると、人生が陳腐になる。
知ったかぶりをやめると、人生が面白くなる。

(25)

意欲が出てから仕事をするのではない。
仕事をするから意欲が出る。

(26)

たとえ全力と最善を尽くしたとしても、報われないことがある。

ダメなら笑いながら、「ダメでした」と言えばいい。

(27)

手紙を書くときは、きれいな字より、内容に力を入れる。

(28)

1人にこだわって行動しないより、群れてもいいので、とにかく行動する。

(29)

「一気に片付けよう」と思うとなかなか行動できない。
「まず1つ片付けよう」と思えば、簡単に行動できる。

(30)

いらいらしても1日。
わくわくしても1日。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存