気分が落ち込んだときの30の言葉

スポンサーリンク

(1)

「落ち込んでいる」と思うから、余計に落ち込む。

(2)

「今、悩んでいるのはささいなこと」と、本気で思う。

(3)

うまくいかないから下を向くのではない。
下を向くからうまくいかない。

(4)

温かい缶ジュースは、落ち込んだあなたの味方。

(5)

友達がいなくなったのではない。
本当の友達が残ったのだ。

(6)

あなたを邪魔する存在は、自分を鍛える存在であると考える。

(7)

自分の失敗は、犠牲バントだと考える。

そのアウトによって何かが前進したなら、十分な価値がある。

(8)

落ち込んでいるときは、自分を反省したり、人生の意味を考えたりする機会にする。

(9)

落ち込んだときは、肉を食べる。

(10)

ネガティブなときは、少し忙しくなったほうが、ポジティブでいられる。

(11)

落ち込んだときは、ジョギングをする。

(12)

気分転換は、適度が重要。
はまると、今度は抜け出せなくなる。

(13)

気持ちが落ち着かないときは、ろうそくの火を見つめる。

(14)

両足を閉じてみる。

たったこれだけで、人は謙虚になれる。

(15)

幸せを感じるから、感謝するのではない。
感謝をするから、幸せを感じる。

(16)

感覚があるうちは、まだ大丈夫。
本当に怖いのは、急に感覚がなくなったとき。

(17)

いらいらしたときは、蒸しタオルを顔の上に置くだけでいい。

(18)

大切なことは、生き延びること。

生き延びさえすれば、起死回生のチャンスがある。

(19)

愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。
愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。

(20)

ダメなところを探すから、落ち込む。
いいところを探すと、元気が出る。

(21)

落ち込みは、人生のスパイス。
落ち込みがあるから、当たり前の幸せがいっそう引き立つ。

(22)

落ち込みは、台風のような、不定期なイベントだと考える。

あまり難しく考えすぎない。

(23)

目の前にある壁は、実はドアであることに気づく。

(24)

よく落ち込む人が、一番成長する。

(25)

落ち込みを楽しめば、いつもより回復が早くなる。

(26)

落ち込みを、敵と思うから苦しくなる。
味方と思えば、楽になる。

(27)

少し上を向いて深呼吸するだけで、元気になれる。

(28)

悔しい気持ちになるのは、きちんと挑戦した証拠。

(29)

あなたは結果にとらわれすぎている。
自分が納得できたなら、結果は関係ない。

(30)
失敗談を悲しそうに話すから、心が重くなる。
失敗談を楽しそうに話すと、心が軽くなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存