人生に疲れたときの30の言葉

スポンサーリンク

(1)

人生は「個性」が出ていれば、それでいい。

(2)

限界に達しているのではない。
スランプに陥っているだけ。

(3)

人生は、有限だから、素晴らしい。

(4)

忙しいだけはよくない。
余裕ばかりもよくない。
理想は「余裕のある忙しさ」だ。

(5)

「人生は短い」
そう思ったほうが、素晴らしい生き方ができる。

(6)

自己啓発書は、心の掃除機だ。

(7)

人生は、学校の授業と同じ。
真っ先に手を挙げた人ほど、当ててもらいやすくなる。

(8)

大空は、家の屋根と同じ。
同じ屋根の下にいるから、仲間意識が生まれやすい。

(9)

人生の崖は、助走をつけて、飛び越える。

(10)

目は、あらゆる生き物と会話ができる、共通言語だ。

(11)

大きな問題は、自分が対処できるまで、小分けする。

(12)

未来が分からなくてよかった。
未来は、分からないから、素晴らしい。

(13)

夢に向かう道のりはヒッチハイク。
必要なのは、お金より、度胸。

(14)

人生における一番の楽しみは、失敗だ。

(15)

急なトラブルは、にわか雨のようなもの。
いきなり降っても、すぐやむ。

(16)

太陽も月も、あなたを照らすステージライト。

(17)

人生では、嫌われる覚悟が必要。

(18)

雨の日は、雨の音を、楽しむ。

(19)

絶対にばれない状況でも、悪事を働くのはやめる。

(20)

祈りをする習慣があるなら、胸を張って「神様はいる」と答える。

(21)

人生は壮大な映画撮影。
「素晴らしき人生」という映画を、ただ今撮影中。

(22)

寂しさや切なさは、我慢して乗り越えるものではない。
明るいことで吹き飛ばすものだ。

(23)

ダメな自分を、愛してしまおう。
それが優しさだ。

(24)

違和感は道路標識と同じ。
「注意が必要」というサイン。

(25)

遠回りが、実は一番の近道になることもある。

(26)

緊張は、否定するのではなく、肯定するもの。

(27)

嫌いなことばかりしていると、罪を犯しやすくなる。

(28)

後悔する癖がついていると、何をやっても後悔する。

(29)

勝てるかどうかではなく、輝けるかどうか。

(30)
人生の分かれ道は、特定の瞬間だけではない。
人生は、常に分かれ道の連続だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存