後悔しない生き方をする30のポイント

スポンサーリンク

(1)

死の間際に、後悔しない生き方を心がけても遅い。
後悔しない生き方は、今すぐ始めよう。

(2)

万能人間を諦めた人が、健全な人生を歩める。

(3)

過去の自分を恥ずかしがるのではない。
現在の自分に誇りを持とう。

(4)

自分の気持ちを無視すると、後悔する人生が待っている。
自分の気持ちを尊重すると、納得のいく人生が待っている。

(5)

勝ち方は大切。
負け方はもっと大切。

(6)

「自分を救い出すのは自分」と考え、自分からできる行動をしていく。

(7)

人を憎んだりねたんだりすることほど、人生で無駄なことはない。

(8)

夢を語る人には、2種類いる。
ふざけて語る人と真剣に語る人。

(9)

野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。

(10)

喧嘩に勝つ方法より、喧嘩を避ける方法を考えよう。

(11)

傘立てに傘を置くとき、その人の心と未来が見える。

(12)

人に認められたい気持ちで生きると、偽りの幸せが待っている。
自分らしさを貫くと、本当の幸せが待っている。

(13)

後悔しないなら、逃げてもいい。
後悔するなら、逃げないほうがいい。

(14)

睡眠時間の短さを自慢するのではない。
起きている時間の集中力と生産性を自慢するのだ。

(15)

仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。
遊ぶときは、しっかり遊ぼう。
休むときには、しっかり休もう。

(16)

安易に最後通告を出すと、かえって自分の立場を悪くする。

(17)

仲直りの方法は考えすぎないことが大切。
深みにはまりそうなら、さっさと謝ってしまおう。

(18)

お礼は「言いすぎ」と言われるくらいでちょうどいい。

(19)

プレゼント選びで損得を考え始めたら、その人が喜んでいる笑顔を思い浮かべよう。

(20)

解決策は、完全な方法でなくていい。
不完全でも、一部が解決できるなら、立派な解決策。

(21)

運のいい人は、ストライクゾーンが広い。

(22)

親はあなたに影響を与えている。
あなたも親に影響を与えている。

(23)

行動すべきときは、しっかり行動する。
待つべきときは、きちんと待つ。

(24)

褒められる経験は貴重。
叱られる経験はもっと貴重。

(25)

「無駄」と思うとテンションが下がる。
「いつか役立つ」と思うと、テンションが上がる。

(26)

怒りの発散は、運動が一番。

(27)

「この人と会えるのは今日が最後かもしれない」と思えば、必ず優しくなれる。

(28)

自分の気持ちに素直にならないと、人生の後悔を増やしてしまう。

(29)

「生きている」より「生かされている」と思うほうが、謙虚になれる。

(30)
人生、3万日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存